再建築不可物件は市場に流通されているのか?

再建築不可物件は市場に流通されているのか?

相続した不動産が再建築不可物件だった、このようなとき相続した親族は売りたいけれども売れない、固定資産税だけ納め続けなければならないなど、悩みを抱えてしまうケースは多いのではないでしょうか。
不動産会社のホームページでは自社で取り扱いが可能な不動産物件情報を公開しているけれども、特記事項に再建築不可などのような記載が行われている物件を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
価格が他の物件と比べると3割から4割くらい安いので、何かあるのではないか細かな部分に目を向けると再建築不可物件だったなど市場にも流通されることがあります。
市場に流通されることからも、僅かだが需要がある証でもありその多くは価格を抑えた投資用物件を探している投資家が購入するケースが多いようです。
建物の状態がある程度しっかりしていてシロアリなどの被害がない、このような再建築不可物件は不動産投資をされる人々からの注目を集めます。

再建築不可物件を購入することによるメリットとは

再建築不可物件は一般には敬遠されがちな物件のひとつといえます。
基本的にこうした物件は現行の建築基準法には適合していませんので、建物を取り壊して更地にしたとしても、ふたたび同様の建物を新築することができません。
ふつうの土地であれば自由に新築ができるのと比較すると、これは土地利用に大幅な制約が課せられていることになります。
しかし実は再建築不可物件にもそれをあえて購入するだけのメリットが存在します。
まっさきにメリットとして挙げられるのは価格の安さです。
土地利用の制約がある分だけ、近傍類似の土地と比較すると価格が差し引かれているのが通例ですので、予算的な余裕がないものの立地条件の希望は変えられないという人にとっては、これほど適した物件はありません。
また生涯にわたって住むのであれば耐用年数の関係から問題が生じるおそれがありますが、一定の期間を限って住むことを前提とすれば、リフォーム工事などをすることで新築同然の機能性や美観を取り戻すことができる場合があり、リフォーム代金を支払ってもなおメリットがあることも少なくはありません。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件のお役立ち情報

こちらのサイトは、再建築ができない不動産を所有している人に雑学を分かりやすくご紹介しています。この雑学は、売却を行うときに必ず役立ちますし知っていることで売れないと考えられる不動産でも売れるからくりが分かるなどおすすめです。再建築不可物件は市場に流通されているものなのか、これを知ることで不動産売買の可能性を把握することができますし、再建築が許されない土地を専門にしている会社もあるけれども特徴などについても触れています。

Search