再建築不可物件を専門にしている会社の特徴とは?

再建築不可物件を専門にしている会社の特徴とは?

再建築不可物件で家の建築を可能にするためには、間口が条件を満たしていないときには隣地の一部を購入して間口を2m以上に広げる、隣接する道路の幅が中心から2m未満のときはセットバックで敷地を狭めるなどで建築許可を得ることができるようになります。
東京の下町など古くから家が密集するような地域は再建築不可物件が多いのですが、このような物件もある程度まとめて仕入れを行い法律上建設が可能な土地にしてから、いくつかの区分けを行って建売住宅を建設する会社も少なくありません。
これは再建築不可物件を専門にしている不動産会社でもあり、経験や実績が豊富にあるためそのままでは建築ができないような土地でも再建築ができる、法律的にもその条件を満たす物件に変えられる技術力があります。
そのため、再建築不可物件を処分したい人などは専門業者に相談することで買取は可能になりますし、強みを持つ会社などからも市場価格に近い金額などで買取して貰えるチャンスが広がります。

再建築不可物件を上手い事活用するノウハウ

建築基準法は改正されており、改正される前に建てられた家が現在の法律に適さず活用され難くて空き家になっている事が問題視されています。
これらを再建築不可物件と言い、更地にして新たに家などを建てられないのです。
ですがこういった背景のある物件なので、費用も非常に安く売りに出されており、逆に安く自分の土地と建物を購入できるので活用方法にも注目が集まっています。
そのノウハウは一般に知られており、再建築不可物件を安く購入してからリフォームやリノベーションをして賃貸として活用する方もいます。
また更地にして家を建築するのが禁止されているのであって更地にする事は禁止されていません。
その土地をそのままコインパーキングや月極駐車場として収益化を図る事もできます。
素人が行うには少し手間や知識が必要ですが、それを専門としている不動産会社や管理会社に依頼する選択肢があります。
資産を安く購入し活用すると言う事が、再建築不可物件では実現できます。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件のお役立ち情報

こちらのサイトは、再建築ができない不動産を所有している人に雑学を分かりやすくご紹介しています。この雑学は、売却を行うときに必ず役立ちますし知っていることで売れないと考えられる不動産でも売れるからくりが分かるなどおすすめです。再建築不可物件は市場に流通されているものなのか、これを知ることで不動産売買の可能性を把握することができますし、再建築が許されない土地を専門にしている会社もあるけれども特徴などについても触れています。

Search